がん治療

初期状態なら遺伝子治療が効果的

癌を治す方法

病院

遺伝子治療で癌を防ぐ

癌は、抗がん剤治療や放射線治療などで治療をおこなっていきます。しかし、最近は遺伝子治療という方法を利用する病院も増えているため治療方法に悩んでいる人は調べてみましょう。

READ MORE

咽頭がんの初期症状

喉に違和感を感じる、最近体調が優れないという人は咽頭がんの初期症状を調べてみましょう。癌は痛みなどの症状が出ないまま進行することが多いと言われているため、自分で初期症状に気づくことが大切です。

咽頭がんとは

診察室

咽頭がんとは

咽頭がんは、癌が発症する場所によって症状も治療方法も異なってしまいます。そのため、どの部分に癌が発症しているのか、どういった症状が出ているのかをしっかりと確認しておきましょう。咽頭がんの可能性がある人は、特定の症状が初期に現れると言われているため疑いのある人はチェックしてみて下さい。初期の咽頭がんなら、遺伝子治療を試すことができます。

こんな症状がでたら危険信号

咽頭は、上咽頭・中咽頭・下咽頭の三つに別れるため癌は発症する部分によって症状が異なります。そのため、咽頭がんになっている可能性がある症状を確認してみましょう。
・片方の耳が聞こえにくく、つまった感じが続いている、難聴になってしまい治らないという人(20歳を過ぎた人の中には、咽頭がんが原因で中耳炎になる場合もあるため注意しましょう。)
・喉に違和感を感じる(喉風邪が原因で、喉に違和感を感じてしまう可能性もありますが喉の痛みや違和感が一定の場所という風に特定されている場合は医師に相談しましょう。)
・食事をするときに耳に痛みを感じたり、喉がしみたりする。
・食事のときに、食べ物が飲み込みにくいと感じてしまう
・左右どちらかの扁桃腺だけが腫れてしまう(扁桃腺が腫れてしまうと、発熱や痛みなどの症状が出ますが、この場合他の症状が出ないこともあります。)
・風邪でもないのに、声がかすれてしまう
・首にしこりができ、徐々に大きくなっている
こういった症状が出ている場合は、早めに病院を受診して医師に相談してみましょう。

咽頭がんになりやすい人

咽頭がんになりやすい人の多くが、50代を過ぎた男性と言われています。その理由は、若い頃からタバコを吸い続けておりヘビースモーカーになっているという理由や、お酒の摂取量も多いことが理由と言われています。タバコを毎日吸い続けている人と吸わない人とでは、癌や咽頭がんになる確率の差が大きいと言われているため癌の発症を防ぎたい人やリスクをへらしたいという人は、禁煙や飲酒の量を減らした方が良いでしょう。

検査方法

咽頭がんの検査方法は、家庭でできる方法と病院ででしかできない方法があります。家庭でできる方法は、鏡で扁桃腺や口蓋垂(こうがいすい)の状態を確認するという方法です。しかし、癌の症状を知らない素人が確認しても発症しているのか、していないのか判断することはできないため、チェック項目に複数引っかかった人は医師に検査をしてもらった方が良いです。病院での検査方法は、咽頭全体を確認するためにファイバースコープという器具を使います。ファイバースコープは、鼻の穴から入れ喉の状態を確認するため検査中に違和感を感じてしまう事もあります。しかし、入れる前にスプレー式の麻酔などを使って挿入するため痛みや違和感は多少軽減することができるでしょう。もし、怪しいしこりを見つけた場合は、しこりの一部を採取して病理検査で確認します。その他にも首や肺、その他に転移しているかどうかを確認するためにCTやMRI・超音波検査などを行なうこともあります。